リングパッシング

パッシングとは

二人以上のジャグラーがそれぞれ道具を持ち、それを落とさないように決まったテンポでお互いに渡しあう技術のことを指します
ここでは2人でのパッシングを主に説明します。

渡しあいするための決まったテンポのことをカウントといいます。
通常、カウントは偶数である2,4,6が使われます。(偶数ならパスを投げる手が変わらず、奇数カウントなら投げる手が交互になる)
また偶数カウントの場合、右手でのパスを練習することをお勧めします。(どちらかの手に合わせる必要があり右利きが大多数なので)

また、安定してカスケードができることが望ましいです。

Step1

まずは1枚のリングで距離感と軌道が安定するように練習します。
2人が向かい合い(2人の間の距離はある程度決めておき、頻繁に変わらないほうが良いです)、
リングを持っている人が相手の左手に届くように山なりで投げます。

この時に注意するポイントは
・直線距離で投げずに山なりで投げる(受けるのが痛く,何より危ないです)
・相手が肩の前・肩あたりの高さでキャッチできるように投げる(リングカスケードのキャッチの場所に近づける)
・自分の右手から離れてから1秒後に相手が左手でキャッチするような軌道にする。(カウントがずれてきます)
・できるだけ"横に"ぶれない様にまっすぐ投げる(横に大きくぶれるとリング同士が当たるため)

2人の軌道が安定するまでこの練習を続けます。
この時どこに投げられたら取りやすいかをはっきり言うようにします。

Step2

次は4枚を使って練習します。
1人目が3枚、2人目が1枚持ち、3枚持ちがカスケードとパスを、1枚持ちがパスを投げ続ける練習です。
このステップから2人が掛け声を掛け合うようにします。
掛け声は開始とカウントの2種類があります。
開始の掛け声は2人が向かい合った状態で両手を上げ、「せーの」と言い投げ始めます。
相手が投げたリングが手に届いてから、次に投げ上げたリングがカウント1になり、手に持っているリングを投げ上げるたびにカウントが増え、2人で声を揃えて数えます。
カウントの上限(6カウントだと6)になるとまた1から数え始めます。
1枚持っている人はリングを常に右手に持つようにして、「せーの」とカウントの上限のタイミングで相手の左手に向かって投げるようにします。

3枚持っている人も、「せーの」とカウントの上限では自分の右手から相手の左手に向かって投げるようにして、他のカウントでは1人でカスケードをします。

これを2人の役割を変えて繰り返し練習します。


Step3

次は6枚を使って練習します。

パッシングを行う前にあらかじめカウントを決めておきます
初めは6から始め、慣れるごとに6→4→2とカウントを小さくするといいと思います。
カウントの掛け声はカスケードに慣れていない方がするようにし、もう一人がそのカスケードのタイミングを合わせるようにします。

実際に4カウントを使って説明すると、

右手に2枚、左手に1枚持つ
両手を上げ、「せーの」の掛け声で、相手の左手にリングを投げる(右・左手に1枚ずつ保持)
相手のリングが左手に届くタイミングで左手の1枚を右手へカスケードする[カウント1]
右手のリングを左手へカスケードし、左手から来たリングを受け取る[カウント2]
左手のリングを右手へカスケードし、右手から来たリングを受け取る
4カウント目でリングを相手に投げるために右手を下げる[カウント3]
右手のリングを相手の左手に向かって投げ、カウント3で左手から投げたリングを受け取る[カウント4]

となります。
これをループさせたものがパッシングです。

6カウントの場合はカウント2~3(1人でのカスケード部分)を2カウント増やし、
2カウントの場合はカウント2~3を無くしたものになります


質問、気になる点などがありましたらコメントをお願いします。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-03-13 01:10:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード